脂肪とセルライトは少し違う

セルライトと脂肪は違います。非常に似ていますがセルライトは体のどこかしらの異常でダメージを受けた脂肪です。脂肪は男女ともに付きますが、セルライトはよほどの肥満でない限り男性にはつきにくいもので女性特有のものと言っても過言ではありません。

全身につく脂肪とは違い、太もも、おしり、お腹など美脚づくりに重要な箇所につきやすく表皮に近い場所に出来ます。セルライトは肥満に比例して多くなる脂肪とは違い痩せている人にもつくという大きな違いがあります。

セルライトの進行

セルライトには段階というものがあり、むくみや冷えなどからも進行していきます。最初は外見ではまったく気づかない状態ですが傷やあざなどが治りにくいという現象が起きるそうです。

そして徐々にかるくぶつけた程度で内出血したり知らない間にあざが出来るなどの症状を経て波を打つような皮膚になっていくのです。さらに皮膚の温度に差が出てきたり誰の目からもひどいと思えるほどの巨大な脚になってしまうのです。

さすがに波を打つ程度の皮膚くらいで悩むと思いますのでなかなか最終形態までは辿り着くことは少ないと思いますが美脚を対策するということはセルライトをしっかりと除去することが求められます。

セルライト対策

セルライトが進行した場合、専門家に助けを求めなければ難しくなりますが、初期段階なら自分で出来ることはたくさんありますので自宅でしっかりと対策しなければなりません。

食事を改善させ、脚やせエクササイズやリンパの流れをよくするために美脚のたしなみなどを利用してマッサージをしていく事が求められます。食事の量は下手をしたら改善させることにより増えても痩せることがありえます。

時間はかかるかも知れませんが地道にやることで美脚づくりを成功させるためだけでなく健康にも重要になる作業となります。

脚痩せ方法 セルライト対策

セルライトがない人はいるのでしょうか?特に太ももにはセルライトがつきやすいとされています。太ももやヒップの下部といった脂肪のある箇所を触ってみると冷たいと思うのですが、脂肪は体温を保つ役割も持つので、冷たくてもそれが自然なのです。

しかし、それがセルライトと化した脂肪なら皮膚の下の脂肪細胞が毛細血管、リンパ、老廃物を抱え込んで固まったもので、体温を保つためというよりも、パンパンに詰まって上手く熱が伝わらない状態にあります。セルライトも少しくらいなら問題はないのですが、ヒップから太ももにかけてカチカチで冷え冷えなセルライトがびっしりとついていたら、脚痩せには大きな障害となります。

一般的にセルライトは消えないと言われていますが実際のところ、セルライトの基盤である脂肪細胞が減らないだけで、あのいやなボコボコ肌が滑らかになることはない!という訳ではありません。上手に脚痩せ方法を実践すれば、サイズダウンと滑らかな肌表面も夢ではありません。

セルライトは悪循環からできるので、先ずは不摂生を正して健康的な生活習慣を身に付けなければなりません。カロリー摂取量や運動不足だけではなく、交感神経の活発な働きによってリンパの流れが悪くなることでも脂肪細胞の周りは老廃物を抱え、そこにコラーゲンが絡み、どんどん肥大化し、圧迫された毛細血管は切れてしまい悪循環となるのです。そうなるとセルライトは増えるばかりです。

脚は体の下の部分にあります。全身を巡る血液やリンパ液は心臓や横隔膜といったポンプの役割を持つものと筋肉の動きから流れています。しかし、筋肉の衰えと共に血液やリンパ液は流れが悪くなり、特に脚のように下にある部位から上に向かって循環する力が弱くなって、結果として浮腫んだ太い脚へと変わり、単に脂肪が付くだけでなくセルライト化した脂肪だらけになります。まさに複合的な要素による悪循環が脚のセルライトを作るのです。

脚痩せは、太ももがセルライト化した脚と普通の柔らかい脂肪のついた脚とでは結果が出るまで大きな差があります。一番最初にすることは、暖める事ですね。筋肉をつけることも大切ですが、先ずは芯まで暖まる遠赤外線サウナで汗をかくことから始めると良いでしょう。汗をかきやすくなったら、運動をして筋肉を使って内側から代謝を上げるよう努めましょう。カチカチで冷え冷えになったセルライトには、エステのセルライト分解など焼け石に水ですから、脚痩せしやすい身体作りから入りましょう。


1050円のエルセーヌの美脚体験エステ